【外来の看護師求人】求人選びで必ず押さえておきたい5つの比較ポイント

  
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

日勤だけで正職員になることができると人気がある外来勤務ですが、勤務する病院によってその内容は大きく変わります。同じ外来でも、業務内容や体制が違うことをしっかり認識したうえで求人を選ぶことが重要です。

外来の求人選び 5つの比較ポイント

勤務時間や給与だけを比較して外来の求人を選んでしまうと、転職後に後悔することになります。 5つのポイントをしっかり比較して求人を選びましょう。

外来の求人選び 5つの比較ポイント
  • 外来の診察科目の種類は?専門外来はある?
  • 担当の科は固定制?ローテーション制?
  • 処置室や救急外来の担当になることはないの?
  • 救急指定病院?
  • 診察は予約制?午後の診察はどうなっている?

外来にある診察科目の種類は?専門外来はある?

外来と一口に言っても、内科と外科だけに大きく分けているだけの病院から、大学病院のように腎臓内科、血液内科、呼吸科、胃腸科、循環器科、など細かく分けられている病院まで診察している科の種類は様々です。ほぼすべてを網羅している病院もあれば、特定の分野の診察科目が充実している病院もあります。最近は専門外来診療を行っているところも増えてきています。

身に着けたいスキルがあるなら専門外来がある病院を選ぶことも一つの方法です。専門外来があるということはその分野に力を入れているということになります。たとえば糖尿病専門外来がある病院なら糖尿病療養指導士の資格を取ることも可能ですね!

外来勤務を希望する方は、外来であればどの科になってもいいのか、外来勤務で身に着けたいスキルがあるのかどうかもよく考えておく必要があります。

まだ設置されているところは少ないのですが、今後は看護外来も増えていく傾向にあります。将来、看護外来で働きたいと考えている方は、看護外来で働くために必要なスキルが身につく病院や看護外来の設置を予定している病院を探すことをおすすめします。

担当の科は固定制?ローテーション制?

外来での勤務では担当する科が固定されていると考えている方が多いと思います。ほとんどの病院では担当する科は固定していますし、特別な事情がない限り、小児科の外来担当の看護師が内科の外来の診察介助を行ったり、外科の診察介助を行うことはありません。

しかし病院によって、担当する科がローテーション制になっているところもあります。午前中は内科外来を担当し午後は整形外科を担当することもあるのです。それぞれの適正に合わせて、内科担当が多い、外科担当が多い、小児科担当が多いということはありますが、担当する場所が毎日変わることもあります。

求人票だけでは詳しく知ることはできない場合がほとんどですが、担当する科がどこになるか、それが固定制なのかどうかは確認しておく必要があります。

処置室や救急外来の担当になることはないの?

規模が大きな病院の外来の場合は、診療科の担当看護師とは別に処置室や救急外来の担当看護師がいます。診療科の担当看護師は問診やバイタルチェック、診察の介助やカルテの処理を行い、採血や点滴は処置室の担当看護師が行います。救急車で搬送される患者さんの受け入れは救急外来の担当看護師が行うことが一般的です。

中規模の病院の中には、診療科、処置室、救急外来を持ち回りで担当する場合があります。担当している科の診察が終わった場合や、手が空いた時間は処置室の業務を手伝います。重症患者が搬送されてきた場合は、救急の対応も処置室の対応もスムーズに進むようすぐに分担を決め業務に当たります。

持ち回りで担当する病院の場合は様々な経験を積むことができるので、ブランクがあり復職する方で、日勤が主体の勤務先を希望しているけれど診察介助だけでは少し物足りないという方におすすめです。

救急指定病院になっているかどうか?当直は?

外来の求人を選ぶ時は、その病院が救急指定病院になっているのかどうかは重要です。一次救急、二次救急、三次救急のどれに該当する病院かを把握したうえで、希望する働き方に合うところを選びます。

規模にかかわらず365日・24時間体制で急患の受け入れを行っているところでは、外来で勤務する場合は当直できることが必須の場合もあります。夜勤がない勤務を希望して外来の求人を探している方はよく確認してくださいね。

診察は予約制?午後の診察はどうなっている?

外来の診察がすべて予約制になっている病院と一部の科や午後の診察のみ予約制になっている場合があります。予約制の外来なら1日の受診患者数がわかるので仕事の予定は立てやすいし、定期的に受診している方が多いので対応も比較的スムーズかもしれません。

診察が予約制でない場合は、どんな病状の患者さんが来るかわからないし、日によって患者数が違うので時には診察終了時間が遅くなることもあります。

診察が午前中だけの病院、午後も診察がある病院、午後は検査や急患のみ対応しているなど病院によって大きな差があります。定時に上がれるかどうかも重要なポイントですね。

病院によって就業時間も様々ですが、同じ病院でも診察開始時間や担当する科によって違う場合があるので確認が必要です。

外来の看護師求人は求人票だけでは判断できないことが多い

外来の勤務の実態は求人票を見ただけではわからないことがたくさんありますが、比較ポイントを知っておけば質問して情報をもらうことができます。

関東・関西・東海に強い『看護roo!』『看護のお仕事』などの看護師の転職支援サイトでは、転職する前に外来の勤務の実態を教えてくれるので、求人票を見ただけではわからない詳しい様子がわかります。確認したいことがあればかわりに問い合わせもしてくれます。外来の求人は少なく競争率が高いので、外来への転職を考えている方は看護師求人サイトをランキングで紹介しているので参考にして、看護師の転職支援サイトを積極的に利用してくださいね。



おすすめの看護師転職サイト一覧


看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 医療ワーカー

人手不足の4月・5月は転職のチャンス!求人数も大幅増加

新しい職員が入職する4月は、求職者にとって絶好のチャンス!職場になじめず退職する新人看護師や、異動先が合わずに退職する看護師がいるため、急な欠員が出るのです。

そんな突然出る求人情報は、看護師専門の転職サイトで非公開求人として紹介されています。

転職サイトによって扱う求人情報が異なるので、複数のサイトに登録しておくと、求人情報をもれなくカバーできますよ。

どの転職サイトも求人紹介から入職するまで、完全無料で徹底サポートしてくれます。

利用者満足度96.2%! 『看護roo!』

首都圏・中部圏・関西圏対応

看護roo

看護roo!はサポートが手厚く対応地域(首都圏・中部圏・関西圏)の求人数が多いので、対応地域の病院を探している看護師さんは必ず登録しておきたい転職サイト。働いているスタッフでさえ驚くほど、どこよりも詳しい病院情報を事前に教えてくれることで有名です。利用者満足度も96.2%とNO.1を誇ります。

コンサルタントの対応満足度NO.1!『看護のお仕事』

看護のお仕事は、希望に合う職場をとことん探してくれる点が評価され『コンサルタントの対応満足度NO.1』に選ばれました。職場の雰囲気や人間関係など詳しい病院情報も教えてくれるので人間関係で失敗したくない方だけでなく、第二新卒の方やブランクがある方・転職サイトの利用が初めての方にもおすすめです。

紹介実績NO.1 高給与求人が多い『ナース人材バンク』

高給与求人が多く、全国の病院の求人を網羅しているナース人材バンク。コンサルタントの対応も評判がよく、豊富な紹介事例とキャリア相談に定評があります。職場の人間関係がよく働きやすい求人やスキルアップできる求人が多く、看護師としての力をつけたい方におすすめです。

«PREV 

»NEXT 

あなたの悩みはどれ?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧