美容整形での看護師の仕事内容と整形外科の違い

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

整形外科と美容整形の違い

整形外科と美容整形は言葉が似ているせいか、あまり違いがないと思われている方も少なくないようですが、目的が全く異なる診療科目です。

整形外科では、脊柱や骨、関節、筋肉、靭帯、腱、神経などの姿勢の保持や運動にかかわる器官の疾病やけが、例えば奇形や変形、炎症、腫瘍、骨折、脱臼、ねん挫、断裂、挫傷などを手術などの方法を用いて治療・機能回復することを目的とした診療科目です。これに対して美容整形では、健康な人が美しくなるために見た目や状態を整えることを目的に手術など外科的な処置を行うもので、美容整形を行う診療科目のことを美容外科といいます。

たまに美容整形外科と表示されているクリニックもあるようですが、美容整形は俗称で美容外科が正式な名称といわれているようです。つまり、美容外科と美容整形外科は同じ業務内容と思って間違いないです。

美容整形での看護師の仕事内容

美容整形外科(美容外科)クリニックに勤務する看護師の仕事内容は、まず診察開始前に一日の業務内容の打ち合わせから始まり、その後清掃や物品、薬品などの補充・点検をします。

診察が始まれば診察医の介助や患者に対するカウンセリングなどを行います。医師の指示による看護師でもできる簡単な治療や施術を行うこともありますし、電話の対応や受付業務なども看護師が担当します。カウンセリングでは患者がどのような施術を望んでいるか迅速にしかも的確に把握し医師に伝えます。手術を行う際はその準備や後片付け(器具・機器の洗浄、殺菌)、手術中の介助も看護師の大事な仕事です。

美しさを求めている患者が不潔な施設に寄り付かないのは当然ですので、そこで働く看護師は常に清掃や整理整頓を心がけて施設内を清潔感溢れる環境にするよう努めることも必要です。

美容整形で求められる看護師とは

美容整形クリニックで求められている看護師は、看護師としての基本的な知識や技術はもちろんのことある程度の臨床経験(少なくとも2~3年程度)のある方です。特に手術室の経験がある看護、皮膚科や外科で働いたことのある師は歓迎されるようです。美容外科の看護師求人に合格しやすいです。

若返りたい、美しくなりたいと願う患者が訪れるわけですから、対応する看護師の容姿や年齢も重要なポイントで、老けた印象を与える看護師よりも若々しい雰囲気を持ち美容にも気をつけている看護師の方が採用には有利となります。

また、美容整形には治療する医療施設というより美しくなるための医療サービス業という側面もありますので、患者に対して明るくかつ基本的な接客マナーを心得て接することができる看護師が求められています。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧