美容外科クリニックで働く看護師のメリット・デメリット

美容外科クリニックで働く看護師のメリット・デメリット
 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

美容外科とは

美容外科とは人の機能的な問題、例えば欠損や変形、疾病を治療するのではなく、美しさに基づいた見た目の改善を目指す、美容整形手術を専門に行う診療科目です。健康な人に対して外見的に美しくなることを目的に外科的手術を行うのが美容外科の特徴ともいえます。

美容外科が行っている基本的な手術・施術には、二重・目元の美容整形、鼻・フェイスラインの美容整形、アンチエイジング(若返り)術、ヒアルロン酸注射するなどメスを使わないプチ整形、豊胸手術、脂肪吸引、腋臭・多汗症治療、女性器の形を整える婦人科形成などがあります。

美容外科は形成外科から派生した診療科目とも言われて、形成外科や整形外科と混同される方も少なくないようですがこれらの診療科目とは一線を画しています。美容医療には美容外科の他に美容皮膚科や美容内科などの診療科目もあります。

美容外科、看護師の業務内容

美容外科に勤務する看護師の業務には、手術中に医師にメスなど様々な種類の器具・機器を渡す器械出し、医療機器のセッティングや使用済み器具、器械の洗浄・滅菌、整理など(直接介助)と手術を受ける患者のケアをする(間接介助・外回りともいう)などの手術介助があります。

手術介助以外には事務処理を行ったり、電話の対応をしたりもします。その他にも受付業務や清掃などの雑務もこなすことが多いようです。クリニックによっては看護師の仕事内容にクレームへの対応を加えているところもあります。

また、看護師に対して患者への丁寧な接遇を求めているところも少なくありません。これは診療が自由診療で高額な医療費が発生することにも要因があるようで、患者というよりもお客様に接する対応を求められています。

美容外科で働くメリット・デメリット

美容外科への転職を考えて、美容外科の求人を探している看護師の方も多いようですが、美容外科にはメリットもありますが、デメリットもいくつかありますのでどちらもよく吟味してから転職されることをおすすめします。

美容外科に勤める看護師のメリットとしてよく言われているのは夜勤がなく家族との時間や趣味の時間を持てることがあります。しかも日勤だけの勤務にもかかわらず給与がかなり高い点も美容外科に勤めるメリットです。

デメリットとしては、経験や知識・技術を重視して新卒の採用を控えるところがある半面、年齢制限を設けて年配の看護師の採用が難しい点があります。また、すべての美容外科クリニックではありませんが、患者勧誘や商品販売促進のノルマがある点をデメリットとし挙げている看護師も多いようです。

美容外科クリニックの求人をお探しの方はこちらもご覧ください。
【非公開多数】人気の美容外科看護師求人を探すコツとは!?



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧