看護師の転職の面接時のマナーと面接の内容

看護師の転職の面接時のマナーと面接の内容

看護師の面接、まずは容姿チェックから

面接出の出来不出来は、採用・不採用に大きな影響を与えますし、第一印象がとても重要となりますので、容姿についても十分に配慮する必要があります。

例えば服装ですが、女性の場合はシックで清楚なスタイル、例えば紺やグレー、ベージュなど落ち着いた色合いのスーツに白系統のブラウスがおすすめです。

化粧はナチュラルメイクがおすすめで、ノーメイクや厚化粧は避けた方が無難です。また、爪を長く伸ばしたり、派手なマニキュアをしたりするのも避けたいものです。髪の長い方は後ろに束ねるなどしてすっきりした印象を与えるような髪型にします。病院など医療施設では、特に衛生面には厳しいものがありますので清潔感あふれる服装・容姿を心がけることが重要です。

面接でよく聞かれること

事前に準備しなければならないのは面接時の服装だけでなく、面接時の質問の対応も考えておく事も重要です。面接で聞かれる内容はある程度決まっていますので、回答を事前に準備しておくと実際の面接で戸惑わずにすみます。

看護観についてや退職した理由、数多い求人先がある中なぜ就職先として選んだのか等の志望動機、転職理由などがよくある質問内容です。ときには得意科目や最近読んだ本について聞かれることもあります。

看護師の面接だからといって看護の事だけ知っていればいいというわけにはいきません。社会人としての一般常識に関してもある程度の知識は必要ですので、最近のニュースや時事問題にも精通しておくことも大切です。また、逆質問がないか問われることがありますので2~3聞きたい事を準備して置くのもいいかと思います。

面接時の注意点

面接時にはいくつか注意しなければならない点があります。例えば面接を受ける病院に対しての呼び方ですが、「貴院」という言い方をする人もいるようですが正確には「御院」という呼び方をします。履歴書などに記載する場合は貴院ですが、会話(口語)では「御院」となります。

面接室に入室時にはノックしてからドアを開けて、一礼をして入り、面接中は担当者の目を見ながらしっかりと受け答えをします。面接時の受け答えは当然敬語を使うことになります退出時には御礼を言ってドアの前で一礼してから退出するようにします。面接会場には遅くても指定時間の10分前に伺うことなども知っておきたいマナーです。

看護師転職・求人サイトのなかには面接マナーや注意点について指導してくれるところもありますので、面接が不安だという方はこれらのサイトを活用することをおすすめします。

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧