看護師が妊娠時に転職するときに気を付けるべきポイント

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク

妊婦には厳しすぎる業務内容

妊娠は病気ではないといわれていますが、妊娠中に起こる様々な体調の変化が仕事にどのような影響をもたらすかは、妊婦自身にも予想しがたいものとなります。特に、看護師の仕事はデスクワークと違い、肉体的に大きな負担がかかる仕事です。

仮眠を取ることも儘ならない夜勤や当たり前のような残業、長時間の立ち仕事による足腰の冷え、不規則な勤務時間で生活リズムが乱れるストレスなど、妊娠中の体にとっては厳しいことばかりです。臨月間近の体で夜勤を勤め上げ無事に出産を果たす看護師もいますが、全ての看護師が厳しい業務を乗り切れるとは限りません。

同僚が切迫流産や切迫早産に追い込まれる様子を目の当たりにすることも決して珍しくはなく、妊娠や出産を機に退職する看護師は非常に多いようです。

転職のタイミングが重要

妊娠を予定している看護師にとって、職場の理解を得られないと感じることは最大の転職理由となります。妊娠中や子育て中も勤務を継続できるかどうかは、職場のサポート体制によって大きく左右されますが、看護師は女性社会といわれながら、未だサポート体制の十分でない職場が多い現状にあります。

妊娠中の体調不良にも快く対応してもらえるような職場で働くことを希望する際に重要となるのは、転職するタイミングです。妊娠は少なくても就職して1年以上勤務してからが好ましいとされており、計画性を持った行動が求められることになります。

もしも、転職を果たす前に妊娠が判明した場合は、その時点で転職活動を一旦中止することが賢明といえます。体調の不安定な妊婦を採用する職場は少ないということもありますが、焦って無理な転職活動を行うより、妊娠期間中にじっくり転職の準備を進めることのほうが成功につながりやすいと考えられます。

志望動機で印象づけることがポイント

よりよい転職を果たすためには、様々な準備が必要です。妊娠から子育てまでサポート体制の整った職場を探し、その職場で自分のしたい仕事ができるかどうかを検討することももちろんですが、妊娠期間中に通信教育などを利用して新たな資格を取得するという選択肢もあります。

そして、人事担当者の目に留まるような履歴書を作成することも、転職には欠かせない準備作業の一つとなります。履歴書の項目のなかでも志望動機は、次のステップである面接へとコマを進めるための印象を決定づけるといわれています。

志望動機はあくまで職務内容に関することを中心に、希望する職場への深い関心を示すことと、そこで自分の成し得ることをアピールするのが、採用につながるポイントといえます。



おすすめの看護師転職サイト一覧

 
看護roo!
看護のお仕事
ナース人材バンク
4位 マイナビ看護師
5位 ナースではたらこ
  1. 全国対応

    看護のお仕事
    • 転職支援金最大12万円支給
    • 希望の求人が見つかるまで徹底サポート
    • コンサルタントの対応満足度NO.1

    看護のお仕事の
    詳細・登録はこちら

  2. 首都圏・中部圏・関西圏対応

    看護roo
    • どこよりも詳しい病院情報を教えてくれる
    • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
    • 給与や福利厚生がいい求人が多い点が特徴

    看護rooの
    詳細・登録はこちら

  3. 全国対応

    マイナビ看護師
    • 定着率にこだわって求人を厳選!
    • 研修制度・教育制度が整った病院豊富
    • 福利厚生が整った病院豊富

    マイナビ看護師の
    詳細・登録はこちら

  4. 全国対応

    ナースフル
    • 条件がいい優良非公開求人多数
    • 大学病院からクリニックまで幅広い求人
    • 研修制度や福利厚生が整った病院豊富

    ナースフルの
    詳細・登録はこちら

«PREV 

»NEXT 

あなたの希望の転職先は?

  • 美容クリニックに転職
  • 働きやすい病院は人によって違う!!病院選びのコツ
  • 人間関係で悩まない!
  • 働くママナースにおすすめ
  • 第二新卒の看護師の復職のポイント
  • 夜勤なし!9時~17時勤務、日勤のみで30万円

掲載サイト一覧